03-3418-3036
受付時間 13:30〜15:30 / 18:00〜20:00
03-3418-3036
受付時間 13:30〜15:30 / 18:00〜20:00

運動会の季節!準備運動はたいせつです

2018年5月22日

運動会の時期になるとこんな症状が多くなる

秋になると多いのが運動会に参加して思わぬ怪我をして救急で受診される患者さんです。家族団らんの楽しい運動会も、親が怪我してしまったら台無しになってしまいます。

病院当直時代、急患の患者さんの中でも特に多かったのが、アキレス腱を痛めたり、肉離れを起こして救急搬送されるケースです。

アキレス腱の断裂は、断裂が一部の場合にはギプスによる固定をしますが、完全断裂の場合は整形外科で手術を行います。

肉離れは、筋肉の収縮によって筋膜や筋繊維の一部が断裂する症状です。

原因と対策

原因は一にも二にも運動不足です。
普段、運動していないのに、急に筋肉を動かすと体に負担がかかってしまい思わぬ怪我をしてしまいます。
日頃からあまり運動してないかたは、しっかりと念入りに準備運動をしましょう。

準備運動をしていないと血行が悪い状態になっています。準備運動をしないままに運動会の競争で走ったり、ジャンプして踏み込んだりしたとき、筋肉に過度な負担がかかってしまいます。
そして、ときには腱がプチっと切れてしまうことがあるのです。

運動会の季節だけでなく、冬場のウィンタースポーツのときなど、気温が低いときの血行は悪くなっています。そうなると、筋肉が固くなり、怪我をしやすくなってしまうのです。
準備運動をして、しっかりと体をあたためて血行を良好にしておくことが大切です。

まとめ

準備運動はもちろん大切です。
しかし、それと同時に、日頃から運動をして怪我のしにくいからだづくりに努めましょう。